« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

2007年8月29日 (水)

厚生労働省が、「ネットカフェ難民」の実態調査結果を公表しました。

厚生労働省が、「ネットカフェ難民」の実態調査結果を公表しました。

日本共産党が、国会で調査を求め実現したものです。

今朝の新聞(朝日・読売・毎日・日経・山日・公明・しんぶん赤旗)をみて、一面でとりあげていたのは「しんぶん赤旗」以外は山梨日日新聞のみ。

もっと青年雇用について真剣にとりあげてもらいたいと思います。

2007年8月20日 (月)

映画「陸に上った軍艦」をみました。

映画「陸に上った軍艦」をみました。
パンフレットをみるとドラマとして脚本が書かれていたが、製作費を圧縮するため新藤兼人さんの証言と再現ドラマの形式にしたとのこと。
でも結果的には、よりリアルに旧日本軍の愚かさが表現されたのではないかとおもいます。
山梨では、終戦記念日に上映されたのですが、都合がつかなくて渋谷に行ってみてきました。東京でも映画館では渋谷でしか上映されていません。
痛烈に、批判的に描きながら、あまりの滑稽さに笑ってしまう映画で、広く多くの映画館で上映されたら、ヒットする作品だと思います。もったいない。

2007年8月15日 (水)

終戦記念日の街頭宣伝をしました。

終戦記念日の街頭宣伝をしました。

写真は甲府駅南口。右から花田、こごし県議、石原のぞみ市議。写真には写っていませんが石原剛市議と4人で行いました。

「安倍首相は、『戦後レジームの脱却」をかかげ憲法を変えようとしています。そのうえ従軍慰安婦問題では強制連行はなかったと歴史をゆがめる発言を行い、かって日本が引き起こした戦争を正当化する態度をむき出しにしています。日本は再び海外で戦争する道をすすむのではないかという国際社会と国民の懸念は当然ではないでしょうか」

「いま日本に求められているのは過去のあやまちに正面からむきあい『二度と戦争はしない』という立場で、アジアと世界の平和のために貢献することではないでしょうか」

「日本共産党は戦前戦中から反戦平和を貫いてきた政党として侵略戦争と殖民地支配を正当化するあらゆるくわだてに反対します。そして憲法をまもりぬくため多くのみなさんとひきつづき力をあわせがんばります」という趣旨のことを訴えました。

2007年8月 7日 (火)

コミック「夕凪の街 桜の国」を読みました。

コミック「夕凪の街 桜の国」を読みました。
映画が、良かったので原作も読みました。
映画では、原作と若干の設定の違い、セリフが七波と弟と入れ替わっているところ(食器の「裏もちゃんと洗って」)、などがあります。
でも原作の趣を生かしたいい映画だなと改めて思いました。

2007年8月 6日 (月)

映画「夕凪の街 桜の国」をみました。

映画「夕凪の街 桜の国」をみました。
情感あふれるいい映画だなと思いました。
被爆者を演じた麻生久美子さんは本当に良かった。個人的には堺正章の演技は違和感がありました。

« 2007年7月 | トップページ | 2007年9月 »

最近のトラックバック