« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月31日 (水)

今年の収穫が終わりましたが、喜びは半分です。

今年の収穫が終わりましたが、喜びは半分です。

先週、近所の方に依頼している稲刈りが終わりました。半分強を業者に販売し、半分弱を贈答、親戚への販売、自家飯米としています。いままでは業者販売分で、稲刈り委託の代金と肥料・農薬等の費用がまかなうことができました。

今年は販売価格が下がり、モミ1キロ111円で昨年の133円の2割近く下がりました。そのため、業者販売分だけでは費用がまかなえません。

我が家では、トラクターは20年以上使い、田植え機は10年以上つかっていて減価償却は終わっているので、それでもいくらか小遣いかせぎにはなるのですが、そうでない農家は本当に大変だと思います。

我が家でも来年は新しいトラクターを買うかどうか検討していますが、その減価償却分を計算したら確実に赤字になるでしょう。

「価格保障・所得保障中心の農政にしていかなければ」と身にしみて思いました。

2007年10月28日 (日)

今日は10・28国民大集会に参加しています。その3。

今日は10・28国民大集会に参加しています。その3。
集会最後のシュプレヒコールの様子。参加者は、4万2千人だそうです。
山梨の場所では、舞台が見えないので、前にいって撮りました。

今日は10・28国民大集会に参加しています。その2。

今日は10・28国民大集会に参加しています。その2。
「貧困問題に取り組まない政治家はいらない」の横断幕を掲げて訴えるNPO自立生活サポートセンターもやいのみなさん。貧困問題を自分の問題として考え共同して解決しようという趣旨の訴えでした。
最近、事務局長の湯浅さんの著作を読みました。公式サイトで紹介予定。

今日は10・28国民大集会に参加しています。その1。

今日は10・28国民大集会に参加しています。その1。
山梨の参加者にあいさつする畑野・遠藤衆院南関東ブロック比例予定候補。

2007年10月21日 (日)

新テロ特措法案反対の街頭宣伝しました。

新テロ特措法案反対の街頭宣伝しました。
報復戦争支援反対という話をしたせいか、若い人からの声援がたくさんありました。
反対世論が、さらに広がれば、新テロ特措法案を廃案に追い込むことは十分可能です。
頑張りがいのある情勢だなと思います。

2007年10月20日 (土)

テロ特措法延長・新法反対の学習会に参加しました。

テロ特措法延長・新法反対の集会に参加しました。

写真は、講師をつとめた内藤功(弁護士・元参議院議員)さんです。

9・11テロが起きた後、日本共産党は「報復戦争ではテロは増えるばかり。テロは法による裁きで」ということを主張をしてきました。

その主張が正しかったことが、この6年間の事実で明らかになってきたことを実感させる講演でした。

明日は、街頭宣伝を行なう予定ですが、おおいに生かしていきたいと思います。

昨日、後期高齢者医療制度シンポジウムに参加しました。

後期高齢者医療制度のシンポジウムに参加しました。

いま医療現場で、医療区分制度の導入、資格証明書・短期保険証の発行などで、すでに十分な医療が受けられなくなっていること、後期高齢者医療制度が実施されたら、この状態がさらに悪化することが予測されることがパネラー、コーディネーターの発言で明らかになったと思います。

映画「シッコ」に描かれたアメリカの医療の現状は、人ごとではありません。中止・撤回にむけてがんばらなければと強く感じました。

2007年10月18日 (木)

昨日、政府交渉を行ないました。

昨日、政府交渉を行ないました。

写真は厚生労働省との交渉の様子。山梨県民要求実現大運動実行委員会と日本共産党山梨県委員会とで6省庁21項目について交渉を行いました。

厚生労働省との交渉では、社会保険鰍沢病院の存続の要請について、「僻地医療の拠点としての役割は認識しており、なんらかの形での存続を考えています」と答えがありました。

国土交通省との交渉では、このブログで昨年の11月10日、13日にとりあげた大月市初狩町の国道20号の急カーブの改善についての要請に、今年度中に道路表示や縁石の上に道路びょうを設置することなどを約束し「速度制限をさせるなどして交通安全を図りたい」と述べました。

他の要請項目や交渉の様子などは、日本共産党山梨県委員会のホームページに掲載予定。

2007年10月15日 (月)

テロ特措「新法」反対の宣伝行動を甲府駅前南口で行ないました。

テロ特措「新法」反対の宣伝行動を甲府駅前南口で行ないました。
写真は、街頭で訴える遠藤衆院山梨1区予定候補と署名を集めている石原剛市議。
石原のぞみ市議、内藤前甲府市議らも参加しました。私も訴えました。
福田首相は、インド洋での自衛隊の給油活動を続けるための新法を提出しようとしています。この給油活動はアメリカの報復戦争の支援です。日本が提供した油は、空爆のために使われています。

この六年間の一番大切な教訓は「テロは戦争ではなくせない」ということです。逆にテロと報復の悪循環が広がりました。

日本共産党山梨県委員会は、今週、この問題についての宣伝期間に設定して200箇所で宣伝予定です。
「報復戦争支援をやめさせましょう。憲法9条を持つ国として、戦争に協力するのでなく、教育やくらし・医療などの分野で協力しましょう」とおおいに訴えていきたいと思います。

2007年10月14日 (日)

今日は神社の祭です。

今日は神社の祭です。
私が入っている無尽では例年、子供むけに出店しています。

2007年10月13日 (土)

我が家の庭のザクロ

我が家の庭のザクロ
秋ですね。

2007年10月11日 (木)

山梨県後期高齢者医療広域連合との懇談会に参加しました。

山梨県後期高齢者医療広域連合との懇談会に参加しました。
山梨県民大運動実行委員会の皆さんと懇談に参加しました。
75歳以上の人は、来年4月から高齢者だけの新しい医療制度(後期高齢者医療制度)に加わり、これまで扶養となっていたため保険料を払わなくてもよかった人も含め保険料を払うことになっています。保険料は介護保険同様にほとんどの場合、年金から天引きです。

制度の中止撤回を国に求めること、機械的に資格証(保険料を払えない人に発行され窓口負担は10割となります)、短期保険証を出さないことなどについて要請・懇談を行いました。

担当者が「細かい内容は、まだ決まっていない。厚生労働省も選挙結果もあり、以前のように強引にはすすめられないようです」といっていたことが印象に残りました。

国民の運動が政府を追い詰めています。後期高齢者医療制度については与党は「見直しも検討」などといっていますが、さらに追い詰めて中止撤回させていきたいと思いました。

2007年10月 8日 (月)

映画「シッコ」をみました。

映画「シッコ」をみました。
ようやく山梨県でも上映となり、観に行ってきました。
医療保険に入っていない人が15%以上にものぼるアメリカ。医療保険に入っているのに、保険会社が支払いを認めず、医療費が払えず命を落とす人が多数いるというアメリカ。本でえた知識と映像での告発とは迫力が違う。
薬代以外は医療費が無料のカナダ、イギリス、フラン、キューバの実情をみると医療と教育は無料であるべきとあらためて実感させられました。
イギリスの元国会議員へのインタビューも見所です。

2007年10月 4日 (木)

志位委員長の代表質問の傍聴に行きました。

志位委員長の代表質問の傍聴に行きました。
実態を踏まえた志位委員長の質問に対して、首相の答弁の中身のなさを実感しました。

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

最近のトラックバック