« 甲府城の「光のピュシス(回廊)」 | トップページ | 拡声機の規制強化の条例について県議会に申し入れに行きました »

2007年12月 5日 (水)

県高齢者医療費助成制度の存続・拡充を求める要請に参加しました。

県高齢者医療費助成制度の存続・拡充を求める要請に参加しました。

3日、県単事業の68.69歳の非課税者への医療費助成を存続、拡大するよう求める署名提出を「存続求める会」のみなさんと行いました。
県が発表したの「山梨県行政改革大綱(素案)」では、「できるかぎり早期に見直す必要があります」としています。

私は「暮らしやすさ日本一の県をめざすといいながら、こういう制度をなくすのはもってのほか。公債費が減少するなど財源は十分にある」と述べました。

県福祉保健部長は「(制度廃止を)来年4月から実施ということではありません」とこたえました。署名を積み上げ、県方針を撤回させるためにがんばりたいと思います。

« 甲府城の「光のピュシス(回廊)」 | トップページ | 拡声機の規制強化の条例について県議会に申し入れに行きました »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18888/9264388

この記事へのトラックバック一覧です: 県高齢者医療費助成制度の存続・拡充を求める要請に参加しました。:

« 甲府城の「光のピュシス(回廊)」 | トップページ | 拡声機の規制強化の条例について県議会に申し入れに行きました »

最近のトラックバック