« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月30日 (水)

先日、映画「母べぇ」をみました。

先日、映画「母べぇ」をみました。
吉永小百合さん好演。他の役者も良かった(個人的には中村梅之助さんが印象的)。
映画でえがかれているのは、戦争反対を口にすることは命がけの行為だった当時の日本です。主人公の夫は戦争反対の文章を発表しようとして逮捕されます。

お互いに「○○べぇ」と呼び合う主人公の家族の姿は、心あたたまるものでした。映画にえがかれていた時代に戦争反対を貫くことは、本当に暖かい人間性をもった人でないとできない行為だったのだなと強く思いました。

2008年1月19日 (土)

県庁にいたふくろう

県庁にいたふくろう
昨日、申し入れのため県庁に行った時、カメラ付携帯を建物を向けてくれる人がたくさんいました。
なんだろうと思っていたら、ふくろうがとまっていました。

2008年1月18日 (金)

原油高騰問題で県に申し入れしました。

今回は、低所得者にむけて灯油代を補助する福祉灯油の実施や燃料代や暖房費で経営を圧迫されている福祉施設の補助などを求めました。

県のこの分野での対策は、いまある制度の周知徹底という程度のものです。福祉灯油の実施については「実施主体は市町村。市町村からの話はなく、財政的にもお金がかかり、手続きや手間がかかると感じている」として、検討する考えはないことを知事が定例記者会見で明らかにしています。

私は「県の行動計画では『予選や制度がなく、前例もないといった言い訳をせず、困難なことであっても、創意工夫をこらし、新しい解決法に挑戦する県政を推進します』と書いてある。このとおりにやってほしい。市町村からの話がないというが、まず県民生活の実態をつかんでそれに見合った対策を行なうべきではないか」と強く要望しました。

2008年1月15日 (火)

原油高騰問題で県に申し入れしました。

080115dsc_0337

前回は、ハウス農家への支援を中心に申し入れしたのですが、今回は中小企業支援について申し入れしました。

県対策は融資対策が中心です。借り入れ条件は他県よりいいのですが、県をあげて原油高騰の中小企業への実態調査を行なうこと、経営・資金・技術にたいする専門家派遣の利用者負担の軽減を行なうことについては不十分です。

私は、業者との懇談を行なってきたこと、中小企業は構造改革路線のもと痛み付けられ上に今度の問題で深刻な実態になっていることを話しました。そして「県として実態調査を行ない、軽油取引税の還元措置、法人住民税の減免、利用者負担ゼロの経営・資金・技術に関する専門家派遣事業の実施など実態にみあった支援を行なってほしい」と強く要求しました。

対応した県商工総務課長は「要望収集に努めたい。県の対策の効果・利用状況を見極めて対応したい」と述べました。

2008年1月11日 (金)

新テロ特措法の再議決強行に抗議する街頭宣伝をしました。

070111

甲府駅前でこごし県議と以下のような趣旨で話ました。

政府・与党の再議決にはひとかけらの道理もありません。

第一に、民意に反しています。テロ特措法反対が賛成を上回り、再議決についても反対が上回っています。

第二に、テロ根絶に逆行し、憲法違反であることは明瞭です。戦争でテロはなくせないことは事実で明らかになり、アフガニスタン議会は米軍に対して軍事力行使の中止を求める決議をあげています。日本がなすべきことは、この和平プロセスを後押しすることでいったん引いた自衛隊を再派兵することではありません。

憲法との関係では、政府は「海上阻止行動」への支援活動なのだから、戦争支援でないというごまかそうとしてきました。しかし、日本共産党の追及によって、米艦船が「海上阻止活動」に携わってさえいれば、アフガニスタン作戦やイラク作戦を同時に遂行したとしても補給の対象になるということを認めました。これは結局、日本の自衛艦が補給した油がアフガニスタンやイラクの空爆に使われ、罪のない子どもや女性やお年寄りを殺すことに使われないという保障はどこにもないことを意味するものです。憲法違反の戦争支援法であることは明らかです。

第三に、軍事利権にまみれた勢力に「国際貢献」などという資格はありません。この戦争支援のシナリオを直接書いたのは賄賂をもらっていた前防衛事務次官です。元防衛庁長官、元防衛大臣の疑惑も重大な問題になっている。そのときに行政の最高責任者である首相は真相究明のための努力をなんらしていません。

ひとかけらの道理の無い暴挙を行なった勢力に、来るべき総選挙ではさらに厳しい審判をくだしていこうではありませんか。

2008年1月 9日 (水)

原油高騰問題でトラック業界の方と懇談しました。

Dsc_0130

「規制緩和によって新規参入業者が続き、原油価格高騰分を運送料に転嫁することはとてもできない」「3月の決算期までに廃業する予定の業者の話もすでに数件聞いている」「軽油取引税の撤廃などの要求をかかげて署名運動も行なっている」などの話を伺いました。

こうした懇談を国・県への要請に生かしていきたいと思っています。中小企業向け対策について来週、県に申し入れ予定。

2008年1月 6日 (日)

甲府市消防団大里分団出初め式に参加しています。

甲府市消防団大里分団出初め式に参加しています。
ただいま放水訓練中。

2008年1月 4日 (金)

日本共産党衆院比例代表南関東ブロック 山梨県事務所開きを行ないました。

日本共産党衆院比例代表南関東ブロック   山梨県事務所開きを行ないました。
写真中央は、冒頭に挨拶する千葉信男党県委員長。
総選挙勝利に向け、新春から、スタートダッシュです。

2008年1月 1日 (火)

宣伝の後は、お汁粉をご馳走になりました。

宣伝の後は、お汁粉をご馳走になりました。

武田神社周辺は交通規制のため党県議団事務局の山本さん宅に駐車。車をおかしてもらった上に宣伝後は、お汁粉やおでんをご馳走になりました。

暖まって幸せな気分でした。

武田神社前で新年の街頭宣伝しました。

武田神社前で新年の街頭宣伝しました。

畑野比例候補は午前中に千葉県の成田山、昼に神奈川県の川崎大師、そして午後3時40分からの武田神社での宣伝となりました。

夕方の宣伝であまり人がいないのかなと思っていたら、宣伝を始めた頃から初詣の列が長くなり、終わる頃短くなっていて、ちょうどいい時間だったようです。

声をかけてくる人、列に並びながらもこちらをみて耳を傾けてくれた人もいて楽しかったです。今年中に予想される総選挙前進にむけていいスタートになったかなと思います。

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

最近のトラックバック