« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月23日 (土)

我が家の梅が、咲き始めています。

我が家の梅が、咲き始めています。
このところ暖かったせいか、木の上のほうは咲いています。
写真は、少しわかりづらいですが、下のほうで蕾が膨らんでいる様子。昨年、一昨年のブログを見ると昨年が2月9日開花、一昨年は2月23日開花でした。

昨年は、かなりの暖冬だったんですね。

2008年2月18日 (月)

昨日、志位委員長を迎えての演説会が、ありました。

昨日、志位委員長を迎えての演説会が、ありました。

演説会で寄せられた感想をいくつか紹介します。

「志位さんの国会での質問(キャノンの件)本当に私たちの立場で聞いてくれました。私たちの小さい声をもっともっと集めてがんばっていただきたいです」「「その日だけ使えばいい日雇い派遣では、体がだめになるまでこき使うということを聞いて、怒りとともに、ここまで資本家のモラルが低下してしまったのかとあきれてしましました」

「後期高齢者医療制度の話は本当に怒りが沸きました。厚生労働省の本音が信じられません」「志位さんの話が農業政策に及んだのはよかった」

「志位さんの演説を聞いて感激しています。理想論でなく、実現可能のお話であると思います」

今日の毎日新聞で、先日の志位さんの質問が動画サイトなどで大反響であることが紹介されています。国民と日本共産党の立場が、ますます接近していることを実感し、とてもうれしいです。

2008年2月14日 (木)

昨日、「なくせ貧困 2・13総行動」に参加しました。

昨日、「なくせ貧困 2・13総行動」に参加しました。

写真は、厚生労働省前の行動で、車上から訴える首都圏青年ユニオンの方。頭にかぶっているのは牛丼チェーン「すき屋」のどんぶりを模したもの。

残業代未払いを告発された牛丼チェーンを展開する外食大手ゼンショーは、すき屋に雇用されているアルバイトと称する者と会社との関係は労働契約関係でなく、業務委託契約を結んだ個人請負だ、と無茶苦茶な論理をふりかざしています(先日紹介した東洋経済特集でも掲載)。

こうした無法や社会保障切捨てのための貧困と格差の拡大の実態を告発し、「貧困をなくそう」という運動が広がっていることを実感させる行動でした。生存権裁判をたたかっている80歳の東京原告の方の発言は感動的でした。

2008年2月12日 (火)

雑誌「東洋経済」が派遣など雇用問題で特集しています。

雑誌「東洋経済」が派遣など雇用問題で特集しています。
出張での移動中の読み物として、雑誌「東洋経済」や「エコノミスト」をたまに買うことがあります。
今、横浜出張のため移動中なのですが、今回買った「東洋経済」が、派遣などの雇用問題で特集をくんでいました。
「東洋経済」は、数年前から、この問題に取り組み、その成果は「雇用融解」という本にもなっています。
この問題を追い続け報道する姿勢に共感したので紹介します。

2008年2月 9日 (土)

ボロボロになった傍聴券

ボロボロになった傍聴券
昨日、ボロボロになった傍聴券の画像を添付したつもりだったのですが、されていませんでしたので今日添付します。
昨日の志位委員長の質問は、すばらしかったけれど、しんぶん赤旗以外はほとんどとりあげていません。
あらゆる機会を生かして質疑を通じて勝ち取った点を広げていきたいと思います。

2008年2月 8日 (金)

派遣労働問題をとりあげた志位委員長の予算委員会質問を傍聴しました。

実態をつきつきた質問は迫力があり、おもわず傍聴券をにぎりしめていたらボロボロになりました。
しんぶん赤旗、日本共産党中央委員会のホームページに掲載されると思いますので、ぜひ見てもらいたいと思います。

2008年2月 4日 (月)

県に「中国製ギョーザ薬物中毒事件」での申し入れを行ないました。

080204

山梨でも被害を申告した人が14名にのぼっています。

県は、小中学校などの給食については該当する食品の使用状況を調査しています。

ところが対応した衛生薬務課(臨時の相談窓口の担当)は「小中学校の調査状況は課が違うのでわからない」と述べました。

私は「対策本部をつくって縦割りでなく県全体で対策をとってほしい。県は、給食の地産地消をすすめるとしているが、本格的にすすめるべきではないか。水際で被害をくいとめられるような輸入食品の検査体制をつくるよう国に要請してほしい」と求めました。

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

最近のトラックバック