« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008年5月31日 (土)

パイオニア撤退問題

この一週間でアクセス数が増えているので、どうしてかなと調べたらパイオニア撤退問題の検索がかなりあることに気づきました。この問題が県内に深刻な影響を与えていることをあらためて感じました。

パイオニア撤退問題の県への申し入れの翌日、「この問題をとりあげてくれてありがとう。民主党がやってくれると思っていた。共産党を見直した」という内容のメールが届きました。

申し入れだけに終わらず、今後もがんばらねばと身もひきしまる想いがしました。

2008年5月21日 (水)

中国四川省大地震とミャンマーのサイクロン被害にたいする救援募金活動にとりくみました。

0521bokinn

「学生だから、お金がなくてすみません」といって募金していく中学生。にっこり笑って千円札を入れていくおばあさんなど、たくさんの方が協力してくれました。

写真左の女の子が、募金すると友達の写真右の二人の女の子も募金に協力してくれました。

パイオニア山梨工場の閉鎖に伴う雇用対策の申し入れを県に行いました。

0515paionia

パイオニアは今月13日に、中央市のパイオニアディスプレイプロダクツ山梨工場を今年7月に閉鎖することを発表しました。この閉鎖に伴う雇用対策として以下の3点について県に申し入れを行いました。

1、パイオニアに対し、正規、派遣を問わず山梨工場に働く労働者の再雇用への責任を果たすよう強く要請すること。

2、すべての労働者の要望・意見を直接聞き取り、県としてその要望に沿った再就職の斡旋などに力をつくすこと。

3、今後、大企業や誘致企業に対しては、山梨県から撤退の際には事前協議を義務づけるように対処すること。

「今回は発表から閉鎖までの期間が短く対応が困難。労働者の再就職先の斡旋、再就職までの生活支援をしっかりとりくんでほしい。昨年の国母工業団地の松下電器産業の工場閉鎖の発表の際の申し入れでも、撤退の際の事前協議の義務づけを要請したが、真剣に検討すべきではないか」と私は述べました。

事前協議の義務づけについては、日本共産党山梨県委員会は県議会でも度々要求しています。実現にむけ、今後もがんばりたいと思います。

2008年5月17日 (土)

ポンプ操法の練習の応援に参加しています。

ポンプ操法の練習の応援に参加しています。
甲府市消防団の6月大会にむけて各分団で練習が行なわれています。
私が所属する大里分団の小型ポンプ操法の選手は5部の皆さんです。
来年は私の所属の4部です。

しんぶん赤旗配達先の庭にて

しんぶん赤旗配達先の庭にて

2008年5月15日 (木)

先日、健康診断を受けてきました。

例のメタボ検診ということで、胴回りを測ってもらうと85cmをわずかに上まわる85.5cmでした。

私は163cmですのでBMI指標でいえば66.42キロ(1.63×1.63×25)以上の体重だと太り気味となります。現在67キロ近いですから、胴回りからみてもBMI指標からみても、わずかながら太り気味ということになります。

12年前、山梨県に帰ってきたときの体重が63キロ。それから05年の衆院選あたりまで年1キロペースで体重が増え続け、72キロまで増えました。05年選挙では候補者活動をやっていて以前のペースで活動するのがきついという自覚がありました。

「さすがにまずい」と注意しはじめて体重増加傾向から脱し、昨年の参議院選挙の時が71キロ、選挙が終わって67キロまでは体重を落としました。

来年の検診ぐらいまでに、山梨に戻ってきたころの体重にもどしたいと思っています。

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

最近のトラックバック