« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

2009年8月30日 (日)

選挙最終日の甲府駅前のマニフェスト宣伝

  選挙最終日の昨日、21〜22時、20代5人と私で、甲府駅でマニフェスト配布の“お帰りなさい宣伝”に取り組みました。
  取り組んだみんなが一致して感じたのは、“明日が投票日にも関わらず、マニフェストの受け取りが良いぞ!”…ということ。
  とくに青年の受け取りが良いという印象で、「マニフェストを配っています」と呼びかけて向こうから取りに来る人を見ると、最後の最後まで選択を模索し、考えている青年・有権者の姿を感じます。
  「共産党は、何議席取れそうですか?」と話しかけてきた16歳の高校生ともじっくり対話に。
「9条は守ってほしい。戦争はしないで、軍縮の流れにいってほしいし、日本が憲法で“戦争しない”と決めたのはすごいことだと思う」「消費税、“食料品非課税に”…は良いですね!」など、高校生自身の願いや関心と共産党の政策がかみ合って、友だちが呼びに来るまで20分近く対話が続きました。

2009年8月26日 (水)

富士吉田市の火祭りでマニフェスト宣伝をしました。

富士吉田市の火祭りでマニフェスト宣伝をしました。
写真は、渡辺郡八地区委員長と山下富士河口湖町議選予定候補。
神輿がでるまで宣伝しました。自分から取りにくる人もいて、はげまされました。

先日の志位演説会の感想

掲載するのが遅くなりましたが、紹介します。

「昼食を食べにきたら演説をしていたので、ちょっと聞いてみた」というサラリーマン=「親の介護をしている。甥は介護現場で働いていて、その厳しさも聞いています。共産党のいう『軍事費を減らして医療・福祉へ』はぜひ実現してほしい」。

マニフェストも読みながら演説を聞いていた女子大生=「中小企業支援とか、最低賃金1000円とか、以外とまともなことを言っていると思った」。

静岡から観光に来ていた家族づれの父親=「憲法9条を守る議席が必要。だから、比例は共産党と決めている」

2009年8月24日 (月)

志位委員長を迎えての街頭演説

志位委員長を迎えての街頭演説

今日、甲府駅南口で志位委員長をむかえての街頭演説がありました。

寄せられた感想は明日掲載予定。

甲府駅南口では、7時半ぐらいから宣伝開始。私は9時から参加し、演説会直前の12時半近くまで宣伝しました。

選挙法の規制のため、拡声器が使えないのでメガホンで肉声で、

「マニフェストをお読みください」「昼、志位委員長を迎えての街頭宣伝を行います」など訴えました。

ほとんど休みなしでしたが、ワンフレーズずつ交代で訴えたので、なんとかノドをこわすこともなく終えることができました。

マニフェストの受け取りもよく、「志位さんがくるの。後で聞きにくるわ」という方も何人もいて元気に訴えることができました。

« 2009年7月 | トップページ | 2009年9月 »

最近のトラックバック