« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月 7日 (木)

志位委員長の質問を傍聴しました。

志位委員長の質問を傍聴しました。
写真は、志位委員長と来年2月中央市議選の木下予定候補。
尖閣諸島問題では、「日本の領有権は正当であり中国側の主張は成り立たない」と言う指摘には、自民党からも民主党からも拍手。
「日本側の問題点としては、本腰を入れて日本の領有を主張してきてとはいえない」「1992年に中国が領海法を決め、尖閣諸島を自国領と明記したさいにも、外務省が口頭で抗議しただけ」「尖閣諸島の領有の正当性を、中国政府と国際社会に堂々と主張する外交努力を強めることを求める」という指摘と主張には他党議員から問い合わせがあり、党の見解を渡したそうです。
経済危機打開の問題でも、建設的提案をしている日本共産党と他党との違いが鮮明になった代表質問だと思いました。

2010年10月 2日 (土)

ベト病のことで、ブドウ農家にお話しを伺ってきました。

Dsc101002

写真は、ベト病で黒くなったブドウの軸を見ているところ。

小越県議のブログや新聞報道されているように、山梨県ではベト病により、ブドウが大きな被害をうけています。党県委員会としても県に要請を行っています。

今月の27日に政府交渉を行うこともあり、田村参院議員、小越県議と農家の方のお話しを聞きに伺いました。

農業共済制度の問題、農業指導が不十分であること、耐性菌がでていること、忙しい時には人手がほしいが農業技術をみにつけた人を派遣するシステムをつくってほしいなど、多くの指摘、要望がありました。

国への要望に生かしていきたいと思います。

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

最近のトラックバック