« ルネサスのリストラは営業利益率10%以上にするため | トップページ

2013年10月31日 (木)

リニア 環境保全目標を下回っても安心できないことが明らかに

国土交通省を通じてJR東海に、
「リニア実験線の騒音・振動に苦情・批判が相次いでいる。リニア実験線の騒音・振動は環境保全目標より上か下か」という質問をだしていました。
リニア中央新幹線環境影響調査準備書説明会における上記の私の質問に対する回答がなかったので、国土交通省を通じて回答させたのです。

JR東海の回答は「実験線の環境保全目標は満足している」と下まわっているとの回答。
説明会においてJR東海は「営業線の推測地は環境保全目標を下回っているから安心」といっていましたが、下回っていても安心できないことが明らかになりました。

JR東海は、数字だけで物事を判断するのでなく住民の声を真摯に聞くべきだと思います。
リニア実験線付近の住民の方の声を共産党県議の「こごし智子だより」より紹介します。

「音はすごいよ。うちは機械が動いているけど、リニアが来たってわかるもの」「遠くで雷が鳴っているような感じ」「うわっと浮き上がる感じで気持ちが悪い」
「リニアが通るときにこの騒音と感覚を体感してもらえればわかるよ。」
「国策だから協力してきたけど、このままじゃとても。こどもや孫たちまでかかわることだから」

「リニアで土地がうれるどころか、分譲しても、ほらっ。あそこなんか売れないんだよ」と「分譲売り出し中」の看板。

「俺たちはリニアのモルモットだ」

http://kogoshitomoko.seesaa.net/article/378805970.html

« ルネサスのリストラは営業利益率10%以上にするため | トップページ

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/18888/53779596

この記事へのトラックバック一覧です: リニア 環境保全目標を下回っても安心できないことが明らかに:

« ルネサスのリストラは営業利益率10%以上にするため | トップページ

最近のトラックバック