2010年6月 2日 (水)

鳩山・小沢辞任についての緊急宣伝を行いました。

Dsc_1006022

昼の12時半、甲府駅前で行いました。

Dsc_1006024

「公約を裏切った鳩山首相と民主党への国民の怒りに包囲された結果で、辞任は当然です」

「アメリカにも大企業にも堂々とものがいえる政党は、日本共産党だけ。選挙区予定候補では、私花田仁だけです。ご支援を御願いします」と訴えました。

Dsc_1006021

演説後、話しかけてきた方。

「年寄りを大事にする政治にしてください。花田さん本人ですね。応援しますよ」といってくれました。

2010年5月18日 (火)

最近の活動。

Dsc_100515

選挙活動が本格的になって、いろいろ書きたいことはあるのですが、忙しいのでつい更新がおろそかになっています。

15日事務所開きを行いました。事務所は県委員会1階ですが、人が集まるのは狭いので、甲府市総合市民会館にて行いました。

Dsc_1005161

16日は北杜市で演説会。

普天間問題について「移設先が必要ならアメリカが自分でさがすべき」

「アメリカ米を輸入しながら減反をしている。農産物輸入自由化にストップをかけ、農業を基幹産業として位置づけ食料自給率を向上しましょう」のところで、「そうだっ」と声がかかりました。

武川米をいただきました。

100518

16日から全県キャンペーンが始まっています。

16日は演説会をはさんで午前は韮崎市、午後北杜市。

17日は山梨市、甲州市。

今日18日は、富士河口湖町、富士吉田市、忍野村

写真は富士吉田市議の秋山さんと。

2010年4月25日 (日)

昨日の志位委員長をむかえての演説会

100424

非常に熱気にあふれた演説会でした。

演説会後に、参加者と握手するときにかけられた声がいつも以上に熱がこもっていた気がします。

1004242

感想をいくつか紹介します。

「大企業の内部留保は国民に還元すべきと思う。資本主義社会の弊害を少しでもなくし、健康で文化的な生活ができる社会をつくりあげてほしい。応援しています」(初参加26歳男性)

『政治は何も変わらないと思っていましたが、志位さんがアメリカに行って核廃絶や基地撤去の要求を伝えるというのを聞いて、より良い日本をつくるために自分もがんばりたいと思いました」(初参加18歳女性)

「はじめて参加しました。いまの政治の方向性をどこにもっていけばいいのか少し理解することができました。有意義な時間をすごしました」

「今年から赤旗を読み始めました。一般の新聞やニュースよりも知りたいニュースが詳しくておもしろいです。ぜひアメリカで沖縄の基地のことを強く話し合ってきてください。

沖縄にいったらメディアの人がたくさん来るでしょうから目だってきてください」

「田村さんは声がはっきり、内容もすばらしい。こういう人は国会議員にして活躍してほしい。

せっかく政権交代したので共産党も民主党に協力して国民のための政治を進めて欲しいと思ったが、最近の民主党をみていると、その想いを改めました」(58歳男性)

「こんな人たちを1人1人増やしていくしかないとつくづく思いました。田村さん、花田さん、元気で楽しく頼もしかった」(初参加76歳女性)

2010年4月14日 (水)

普天間基地の即時無条件撤去を求める集会に参加しました。 その3。

普天間基地の即時無条件撤去を求める集会に参加しました。 その3。
人がどんどん増えてきて、座席に座れない人も。5千人以上の集会となりました。

発言の一つ一つに、「そうだ」と会場から声がかかったり拍手がおきたりと、熱気にあふれ、連帯感に満ちた集会でした。
勇気が湧いてきました。

普天間基地の即時無条件撤去を求める集会に参加しています。その2。

普天間基地の即時無条件撤去を求める集会に参加しています。その2。
写真は、沖縄からの代表団。

米兵犯罪、基地被害の実態について切々と訴えていました。

やはり、当事者のお話しを直接聞くと心が動かされます。

普天間基地の即時・無条件撤去を求める集会に参加しています。そのⅠ

普天間基地の即時・無条件撤去を求める集会に参加しています。そのⅠ
写真は、文化行事のエイサー。

沖縄には役者時代に90年から96年まで毎年公演に行っていました。

エイサーを見聞きするのは久しぶりで心と体が熱くなりました。

2010年4月 1日 (木)

消費税増税反対の宣伝署名行動をしました。

100401

今年4月1日は、消費税増税が実施され22年目となる日です。全国各地で消費税増税反対の宣伝署名行動が行われています。

日本共産党山梨県委員会と甲府東山地区委員会は、甲府駅南口で宣伝署名行動を行いました。

先日のNHKの日曜討論で自民党の石破氏が、

「民主党も自民党も法人税を下げなければいけないということは一致している。消費税を上げるというと選挙に負けるという話ではない」と話すと

民主党の仙谷氏は「おっしゃるとおり」と答えました。

私は、そのことを紹介しながら「大企業減税のために消費税増税が必要だとあからさまにのべている。巨額の内部留保をためこんでいる大企業減税のために、庶民に負担を押し付けるなどもってのほか」と話しました。

上の写真左に写っている石原のぞみ甲府市議に話かけていた人は、

「大企業減税のために消費税増税とは本当にひどい。スーパーおぼっちゃん首相には庶民のくらしはわからない。話している人は誰?花田さんね。選挙投票するわ」

といっていたそうです。

2010年3月19日 (金)

木下候補のこんばんわ宣伝

1003189

木下候補は、マイク宣伝ができる午後8時をすぎてからも、連日「こんばんわ」宣伝をおこなっています。

音だしはできませんが、カエルと若いみなさんと共に宣伝しています。車から、特に若い人からの声援がかなりあるそうです。

かえるのタスキは「議会をカエル」と書いてあります。

2010年3月14日 (日)

中央市議補選が始まりました。

100314

写真左が候補者の木下ゆうき君26歳です。

立候補前から、市政アンケートに寄せられた中学3年生までの医療費無料や国保税引き下げを市長と交渉、中学3年生までの医療費無料については「検討したい」という前向きの回答をえています。

富士河口湖町に続き、若い候補の当選のためにがんばりたいと思います。

2010年3月 5日 (金)

甲府駅信玄像前での街頭相談会に参加しました。

100305

「親の年金で、自分と二人で生活しているがとてもやっていけない」

という方は、生活保護という言葉は知っていたが、中身はよく知らなかったとのこと。

「役所にいってみます。生きる勇気がわいてきました」と言っていました。

「今日は時間がないという方も労働相談の電話番号が書いてあります。チラシをお受け取りください」

と訴えると、近所の事業所に働いている方が

「友だちの分も下さい。あとで電話します」とチラシを受け取っていきました。

より以前の記事一覧

最近のトラックバック